専門誌では読めない経営情報誌

月刊コンサル便り

《内容》 A4 6~9ページ

① 件数増加・1件単価向上の原理と原則

② 競争力を高める戦略・戦術・戦闘

葬儀専門誌では読めない実務内容 

④ 顧客固定化最強のファン客づくり

⑤ 葬儀の現場

 

【読者の声】

① 読むと元気が出る

② 読むと納得する

③ 読むとヒントになる

 

 ■ 詳細については電話でお尋ねください

 ■ 毎月1回発行しています

 

   

● 贈呈 購読希望の方はメールで申し込みを! 

   

 

vol.1~vol.59はデータが消えてしまいました。ご了承ください。                                             vol.60 2016年07月号 強い会社を多面的にみる。やる気いっぱいの社員集団。    vol.61 2016年08月号 覚悟。役割をはたす。落とし穴は社内にある。元気な仲間の声。   vol.62 2016年09月号 嬉しいことがありました。貸勘定で終わる。論語に学ぶ連載18.   vol.63 2016年10月号 その二連帯反射の対応。その場の空気が読めないと閃かない。   vol.64 2016年11月号 反射の原理。空気を読む。内的要因の強化 心戒十訓。        vol.65 2016年12月号 こんなメールをいただきました。直観力を磨き、ヒラメキを出す。    vol.66 2017年01月号 事業承継。約束を守る。元気な仲間の声。読者からのお便り。    vol.67 2017年02月号 アイドマの法則。会社は社長で決まる。中小企業の会社特性。    vol.68 2017年03月号 品質重視のお客さま。人を動かす3原則。論語に学ぶ連載24。     vol.69 2017年04月号 件数を伸ばす3条件。幹部の統率力。人に好かれる6原則。      vol.70 2017年05月号 新年度を迎えた会社のみなさんへ。人を説得する12原則1。      vol.71 2017年06月号 終活。人を説得する12原則2。5月号を読んで。お客さまの声。    vol.72 2017年07月号 最近の市場動向。人を変える9原則1。論語に学ぶ連載2。仲間の声。     vol.73 2017年08号号 大阪府警、身元特定へ遺体に化粧。人を変える9原則2。7月号を読んで。 vol.74 2017年09月号 近未来は大量自然死の時代。強い会社にしよう連載26 論語に学ぶ。       vol.75 2017年10月号 葬祭業は究極のサービス業。目標を明確にする。自分を磨く。    vol.76 2017年11月号 強気経営で会社を伸ばす。危機管理が強い会社にする。仲間の声。vol.77 2017年12月号 い・ち・ば・ん!幹部の腕の見せ所。論語に学ぶ連載31 11月号を読で。vovol.78 2018年01月号 矜持。心情管理の重要性。論語に学ぶ連載32 元気な仲間の声。vol.79 2018年02月号 現代葬式考。お別れの会。会社伸展法連載31 論語に学ぶ連載33。   vol.80 2018年03月号 後悔しない供養。願いを叶えた葬儀。本物の時代の幕開け。2月号感想。vol.81 2018年04月号 思いやり。季節指数。人の上に立つ者として。3月号を読んで。仲間の声。vol.82 2018年05月号 低価格葬儀ネットで依頼。会社伸展法連載33。論語に学ぶ連載36。vol.83 2018年06月号 自己目標をしっかり持つ。心情管理が重要。他人を憎むとは。声。感想。vol.84 2018年07月号 最近感じたこと。予算・実績管理。人と話すときしてはいけない三条件。vol,85 2018年08月号 グリーフケア。会社伸展法連載36。論語に学ぶ、五徳。仲間の声。感想文

vol.86 2018年09月号 悲嘆のプロセス12段階。社員づくり=人づくりが最大の課題。仲間の声。

お気軽に

ご相談ください。

 

会社を充実させたい、

強い会社にしたいと考えている積極的な経営者の相談に応じています。

 

お話ししている間に解決策が見つかるかもしれません。

 

 

 

 

携帯 

090-7632-2669 

 

e-mail

katsu3.watanabe@gmail.com

 

Tel. Fax.

03-3994-0400

    

  コンサル便り

 

●コンサルティングで

 感じたこと

●伝えたいこと

●ルール化したこと

●ワンポイント・アド

 バイス

●全国の仲間の声

(支援先の葬儀社から)

 などの記事を毎月

発行しています。

 

反響が多く、大変嬉し

 く思っています。

 

ご希望の方に送ります。

 

読者は上昇志向の旺盛

な年商1億円から30億円規模の経営者が中心